最新情報 information

授業の開始について UPDATE:2020/05/14

在学生 各位

本日、ネット掲示に授業の開始についての情報を掲載しましたのでご確認ください。
また、今後の緊急連絡等は、ネット掲示で情報を発信しますので定期的にご確認をしてください。
お願いします。

函館大谷短期大学

緊急事態宣言延長に伴う臨時休業について UPDATE:2020/05/05

                                       令和2年5月5日
在学生 各位

                                    函館大谷短期大学
                                        学長 福島 憲成
             
国は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の期間について、全都道府県を対象に5月6日期限を5月31日まで延長すると決定しました。本学はこの決定を受け、次の期間について臨時休業を行うことに決定しましたのでお知らせいたします。
なお、6月1日を授業再開日としますが、新型コロナウイルス感染拡大の状況や道の休業要請期間の変更より、再開日を早めるなどの措置をとる場合があります。再開日等を変更する場合は、ネット掲示や本学公式ホームページにて情報を発信しますので定期的にご確認してください。

臨時休業期間 5月7日~5月31日

【注意事項等】
○基本的には自宅で過ごし、体調管理に努めてください。
○感染防止の観点から、上記期間中の帰省・旅行等をしないでください。
○感染リスクを高めるような不要不急の外出を控え、道外及び道内各地と札幌市などとの往来をしないでください。
○上記期間中の学舎利用、立ち入りを原則禁止とします。
○3つの密(密閉空間、密室場所、密接場面)やナイトクラブやバーなど接客を伴う飲食店の利用をしないでください。
○人と人との距離をとった行動をしてください。
○授業再開時からは、マスクを着用してください。
○上記期間中のサークル活動は中止してください。
○アルバイト等も極力控えるようにしてください。

ゴールデンウィークの事務取扱について UPDATE:2020/04/23

下記の期間は、ゴールデンウィークのため事務取扱業務を休止致します。
(証明書発行をご希望される方はお早めにお申し込み下さい)
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業期間:令和2年4月29日~5月6日

緊急事態宣言に伴う自宅学習について UPDATE:2020/04/17

                                      令和2年4月17日
在学生 各位

                                    函館大谷短期大学
                                        学長 福島 憲成
              緊急事態宣言に伴う自宅学習について

特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出をうけ、下記を自宅学習期間とし、本学への登校を一旦停止いたします。
なお、5月7日を授業再開日としますが、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、再開日を変更する場合がありますので、ネット掲示及び本学ホームページを定期的に確認してください。

                         記

                 4月18日(土)~5月6日(水)

【注意事項等】
○基本的には自宅で過ごし、体調管理に努めてください。
○感染防止の観点から、上記期間中の帰省・旅行等をしないでください。
○感染リスクを高めるような不要不急の外出を控え、道外及び道内各地と札幌市などとの往来をしないでください。
○上記期間中の学舎利用、立ち入りを原則禁止とします。
○3つの密(密閉空間、密室場所、密接場面)やナイトクラブやバーなど接客を伴う飲食店の利用をしないでください。
○人と人との距離を取った行動をしてください。
○授業再開時からは、マスクを着用してください。
○上記期間中のサークル活動は中止してください。
○アルバイト等も極力控えるようにしてください。




新型コロナウイルス感染拡大防止のための情報提供について UPDATE:2020/04/13


新型コロナウイルス感染拡大が続いており、在学生の皆さんには、これまで、本学の感染防止対応策や在学生の皆さんに遵守していただきたいことについては、「新型コロナウイルスの感染症拡大を防止するため 学生の皆さんに守っていただきたいこと」を配布し、教職員より説明をしてきたとことですが、下記のことについても遵守くださいますようお願いいたします。

 1.夜間も含め、密閉空間、密集空間、密接場所の3つの条件が同時に重なるような場所に行くこと。
 2.新たに海外渡航の自粛、検疫強化対象地域からの帰国した場合の14日間の待機要請があること。 
 3.緊急事態宣言が出ている地域との往来自粛首都圏(札幌市含む)などの不要不急の往来を控えるとともに、対象地域から来道した人には2週間体調に注意しながら不要不急の外出を控えること。


                                       令和2年4月13日
                                       函館大谷短期大学
                                       新型コロナ感染防止対策委員会

ページトップ