最新情報 information

高等教育の修学支援新制度の支援対象機関として認定されました UPDATE:2019/09/26

高等教育の修学支援新制度では、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、一定の要件を満たすことの確認を受けた大学・短期大学・専門学校(確認大学等)を対象機関とすることとされます。
本学は機関要件の確認申請をしましたところ、9月20日確認大学等として文部科学大臣より認定されました。
この法律に基づき、令和2年度以降、本学に入学する新入学や在学生を対象とした日本学生支援機構が実施する給付型奨学金の支給や、授業料及び入学金の免除措置が行われます。

   ※詳しくは下記の関連サイトをご参照ください。


【関連サイト】
文部科学省ホームページ 高等教育の修学支援新制度
 
日本学生支援機構ホームページ 奨学金の制度(給付型)

【申請書の公表】
大学等における修学の支援に関する法律7条第1項の確認に係る申請書(様式第2号)

平成31年度 函館大谷学園同窓会総会・懇親会のご案内 UPDATE:2019/08/29

令和元年度函館大谷学園同窓会総会・懇親会を下記のとおり開催致します。

日時:令和元年 9月13日(金)午後6時から

会場:ホテル法華クラブ函館(函館市本町27番1号)

会費:平成25年度までの卒業生・・・6,000円
   平成26年度以降の卒業生・・・3,000円

※出席を希望する方は、事前に会券をご購入して頂きます。
 該当する同窓会事務局までご連絡下さい。

短期大学卒業生・・・0138-51-1786
高等学校卒業生・・・0138-52-0228  
函館大谷学園同窓会事務局・・・0138-56-6766(川嶋)
 
ご多忙中とは存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

【終了】地域創生フォーラム UPDATE:2019/08/28

テーマ:函館の未来を考える
    -函館の人口減少と我々の生活-

少子・高齢化の影響および若者の函館離れなどにより、人口の減少が続く中で、福祉、保育、教育、商業、ビジネス、医療など、住民が不安に思える問題は様々であろう。今回の地域創生フォーラムでは、人口減少が続くことは、我々の生活にどのような影響をもたらすのか、私たちは何を準備しなければならないのかなど、有識者をお招きし、函館の現状、課題、未来、ビジョンなどを話し合い、函館の未来と対策をさぐりたい。

今回で4回目となる「地域創生フォーラム」のテーマは、「函館の未来を考える-函館の人口減少と我々の生活-」です。このテーマに衆議院議員の逢坂誠二氏が基調講演を行います。また続けて行われるパネルディスカッションでは、公立はこだて未来大学の田柳恵美子氏と有限会社みのり代表取締役の加藤進氏をパネラーに招き意見を交わします。

聴講を希望する方は、当日本学までお越し下さい。

フォーラムポスター HP更新よう

日 時: 令和元年9月28日(土) 13:30~16:00(受付13:10~)
場 所: 函館大谷短期大学(函館市鍛治1-2-3)
参加費: 無料

公開講座のご案内 UPDATE:2019/05/08

函館大谷短期大学では地域の皆様との学び合いの場として、公開講座を開催してまいります。

毎年多くの皆様に受講して頂いて、函館における生涯学習の広場として大きく育てて頂いたことを感謝しております。
今年も益々の充実を図るとともに、通年開講の講座、そして短期の集中講座などバラエティーに富んだ内容の公開講座を用意いたしております。
皆様の潤いある生活の手助けを目指し、現代生活に役立つ知識や技術の学びを通して、共に豊かに育ちたいと考えております。

皆様の多くのご参加お待ちしております。

公開講座の詳しい内容につきましては、下記の「公開講座について」をご覧ください。
なお、各講座は先着順のため、定員に達し次第お申込みを終了いたしますので予めご了承ください。

※ヨガの受付は終了致しました※

◆ 公開講座について・一覧 ◆

専攻科福祉専攻の廃止について UPDATE:2019/02/20

このたび、函館大谷短期大学は、平成31年度の学生の修了をもちまして
平成32年3月で専攻科福祉専攻を廃止することに致しました。
なお、詳細につきましては、本学ホームページ専攻科福祉専攻にて記載されております。

◆専攻科福祉専攻科に廃止について◆


※本件に関するお問い合わせ先————————————————
  函館大谷短期大学 事務局 TEL:0138-51-1786
               FAX:0138-52-6494
——————————————————————————————


ページトップ